トリルの弾き方

ソナチネアルバム、クレメンティ op.36-1(第2楽章)でトリルが3箇所。もう挫けそうですよ。
(アンダンテなのに)
先生にトリルのコツを聞いたら「歌いながら弾くと良い」とのこと。
(ラソラソラソラソラソファソラ〜とか(超早口))
これが!案外上手くいくのに驚き!

水泳でも力を抜いて泳ぐには口の中を動かしながら、とか鼻歌歌いながらとか指導されるのと近いものを感じる…。

とにかく、いまどきの習い事、昭和と指導が全然違う。何だったんだ?昭和の常識?

2011年秋から同居してるのに(それも自分から棲みついたのに)未だに慣れないタマコ。
ブラッシングくらいさせて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。