副腎腫瘤

2/12日に年イチの人間ドック。
3/1日に腹部エコーで「左副腎腫瘤の疑い 39ミリ 要精密検査」と診断結果。
紹介状の依頼をして(4日間かかる)東京医科歯科大泌尿器科に3/11日予約。

副腎の腫瘤は50%くらい「非機能性副腎腫瘤」という様子見なモノらしいが、何せデカいので『もしや手術?!なら症例の多い病院だよね』という事で医科歯科大をチョイス。

3/11日、医科歯科泌尿器科で問診+血液検査(血中ホルモン値測定、注射器3本分)4800円位
3/12日医科歯科大の提携病院で腹部CT(造影剤使用)9500円位 10分もせず終わる。
検査はサクサクと進むがCTって結構高い。
そして医科歯科大の待合室はFreeWi-Fiです。

3/25日、先日の検査結果聞きに医科歯科大。
CTには左副腎の腫瘤が写ってなかった…ん?!血液検査もコルチゾールが若干高めだけど問題ない範囲。
良かったですね〜で終わり。
(腹部エコーに写った39ミリの物体の正体は医師もわからず…そしてエコーの精度はそんなもんだと)

2/12日から『もしもガンだったら?!』→『残りの人生、やり残しのないよう楽しもう』という思考に
変わったのは良かったが…長い1ヶ月だった(遠い目)
診断結果のこの『待ち』時間、どうにななんないもんですかね?
AIが診断するようになったら少しは短縮されるのかしら?
ホントにヤバい人とか、メンタル弱めの人は、この『診断結果待ち』で進行orうつ病になっちゃうんでは?と思った。
しっかし健康第一です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。