叔父の一周忌その2

常陸大宮、山方の割烹旅館かめやでお斎。常陸牛の朴葉味噌焼き、胡麻豆腐、蟹と人参(京人参?)の天ぷら。
お造りも有(赤身、中とろ、甘エビ、多分鯛)。
常陸牛、初めて食べた。やわらかーい。

この後に、「焼き物」で「あゆのうるか漬け」が。こ、これがすごく美味しくて写真撮り忘れた。

百合根饅頭。中にそぼろ。ほんのり甘い〜。

ホタテのパイ包み。うまー。

最後にけんちんうどん、水菓子はいちごのババロア。もうお腹いっぱい。
弟(大食い)でも「今日夕ご飯いらないかも」と言ってた。

壁の一面は全面窓。久慈川が望めます。

山方にこんな素敵なお宿があったなんて…親戚一同びっくりしましたw
(帰省時は蕎麦屋と公共の日帰り温泉くらいしか行かない)
紅葉時の風景はかなり素晴らしいと思われます。

叔父の一周忌その2」への2件のフィードバック

  1. kato

    品数が多くて美味しそうなものがいっぱい!
    少食のsaceさんは後半、大丈夫でしたか?
    今まで行っていた家が無くなって初めて知る近場に会った名旅館。
    私も実家が無くなってから、当然実家には泊まれないので、こんな名旅館があるんだったら母を連れて、泊まりに行けば良かった、一緒に温泉に入ってゆっくりしたかった・・って思いましたもん。
    それが小諸にある藤村が泊まったという宿「中棚荘」です。https://nakadanasou.com/

    返信
  2. sace 投稿作成者

    食事、量が多いので弟に分けまくりですー。
    今更知った名旅館、「生きてる時に連れて来たかったなあ」って、こちらも思いました。
    まあ、ひょっとするとこのような法事で利用してるかもしれませんけどね……。

    中棚荘、温泉がステキですねー!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。