老朽建築物除去費用助成金


左側はお客、右側はお金を招き猫。

江東区の老朽建築物(昭和45年以前に着工された木造or木造+鉄骨造)の解体に助成金が出るそうなので
申込む事にした。
土地建物どちらも全部事項証明が必要なので菊川の法務局に。

清州寮は昭和8年築。東京大空襲で丸焼けな地域なのに残ったのはスゴイ。
(ワタシの実家も焼けた。祖父祖母叔父らは少しの荷物を持って神田で避難生活したらしい)
鉄筋コンクリで管理が良いので今でも使えるのだろうけど
内装いじるのも制約ありそうだし(風呂がない部屋もあるという噂)エアコン設置も大変そうだ。

解体屋さんの見積もり計算表にケチがついたものの(小数点以下は切り捨てという計算ルールがあるそうで、1円単位で調整。即訂正してくれた解体屋の営業さんに感謝…)何とか提出。
家→法務局→家→江東区役所→家→江東区役所→家で万歩計は19000歩超え。
疲れた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。