餅つき


かまど番の叔父。

年末、餅つきの手伝いに茨城の叔父の家へ。
かまどで蒸したもち米を餅つき機へ。



途中で返しながら10分弱…

餅つき機から出し、板の上で切り分けて浅い木枠に入れ「のす」。
これを3回繰り返し親戚に配るお餅を作った。一番疲れたのは餅の作り方の流れを把握してる叔母…お疲れ様でした。

近所の親戚の家の犬。番犬中なので吠えまくるのだが飼い主にペッタリ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。