テレフォン人生相談2021年2月23日

今日は嫁の長いクレームメールに困惑する71歳女性のご相談。
詳しくはコチラ。いつもありがとうございます!

「三石先生ファンです〜」とテレフォン人生相談のヘビーリスナーっぽい相談者だったが
多分、番組ちゃんと聞いてない(笑 
自分も「ガラクタBOX」をよそ様に送らぬよう気をつけなくっちゃ!

テレフォン人生相談2021年2月23日」への4件のフィードバック

  1. ミケーネちゃんふぁん

    うわぁーきたーっていう定番の相談でしたねー。
    恩着せがましい人っているよね。世話焼きってポジティブに言うやーん笑 三石先生でよかった!つか、本人には響いてないだろうなぁーこういう人のご主人ってだいたい(ほっとけ)で終わり。まぁ、本当にほっといて欲しいんですよ。
    今日は私もツッコミ入れてました
    三石先生大好きですーわら

    返信
    1. sace 投稿作成者

      ツッコミどころ満載でしたね。
      周囲にこんな人いたら面倒だけど、テレ人で聞いてる分には(笑

      仰る通り、こういう相談の時ってダンナは「ほっとけ」。そこで目が覚めれば醜態を晒さなくても済むのにねー。

      返信
  2. ゆひとさ

    いつも的確なイラストありがとうございます。

    三石先生のファンのわりにそれを実生活で役立ててない相談者さん。嫁が世間知らずで姑が苦労することを「永遠のテーマ」ですよねー!ともう自分で決着つけるくせにこうやって相談して来て、自分を改善しようなんてこれっぽっちも思ってない。ただ同情して欲しい、嫁にガツンと言ってやりたい!変えてやりたい!その上手い方法を知りたかったのだろうが、大好きな三石先生に自分がダメ!と言われたときのおとぼけ声に爆笑しちゃいました。
    息子の家庭に贈ったもの(三石先生曰くガラクタBOX)なのだから、息子が実の母とは言えちゃんと御礼を言うべきなのに、それを嫁にさせたくて仕方ないのが嫁さんにとっては試されてるようで煩わしいんですよね。このタイプの姑さんだと、気の遣い合いで疲れちゃうんですよ。口では「気にしなくていいから!」と言いつつ、心の奥底で見返りを求めてるのが見え見えで。自分の息子も気を遣えない、それを育てたのは誰でもない自分。夫も無関心、長女もこの嫁さんと不仲だから「自分が頑張って付き合い保たなくちゃ!」と頑張ってるのかもしれませんね。
    親戚付き合いは、最低限の事をしたら過剰に相手に期待しない方がベターだと改めて実感できた相談内容でした。
    そして、皆さんのコメント通り、このお姑さんは治らないと思います。

    返信
    1. sace 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      意表を突かれた相談者の「おとぼけ声」は爆笑ポイントでしたね。
      確かに、息子がお礼の方が筋かも(息子の存在忘れてました)。

      数年後、孫に進学祝いの「ガラクタBOX」を送ったのにキ〜!と「テレ人再登場」したら楽しいかも、と
      淡い期待を抱いてしまう姑さんでした。が、ご親族は面倒くさいでしょうねえ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。