7月読んだ本

昼間、エアコン入れないの何日ぶりだろ?

今月読んだ本

メゾン・ド・ポリス 加藤 実秋
サブタイトルの「退職刑事のシェアハウス」通り、個性豊かな「おっさん元刑事」が面白い。
展開が「3匹のおっさん」ぽく、ハードなミステリーでもないので
テレ東、金曜8時のドラマに向いてそうな。
主人公の若い女子刑事が通うバーの常連、謎の方言女子「ナナ」ちゃんがいい味出してた。

デートクレンジング 柚木麻子
結婚、妊娠で環境が変わっても女の友情は続くのか?がメインテーマ。
面白いんですが、結婚、妊娠以外にも、友情のハードルになるものは結構あるぞ…と思う。

婚活に焦る親友・実花ちゃんの「男ウケ狙い」ファッションを
あなたらしくないとディスる主人公…ひ、ヒドイ。
(婚活の足を引っ張ってるよね?!)
ナイルバーチの女子会は感動したんだけどな〜。

怪異古生物考 土屋健
ユニコーンやグリフォンが「古生物の化石」から想像された産物では?とか、
鵺は「レッサーパンダ」説、ヤマタノオロチは「火山の溶岩」説など、ちょっと納得出来る説でトンデモ本ではない。
「鵺」が登場する平家物語の「平家」もペルシャ人説がある位だし。平安時代末期に「レッサーパンダ」、なんかステキ。

一発屋芸人列伝 山田ルイ53世
過去の栄光のおこぼれを舐めつつ、プライド捨てて次のステージに行ってる彼ら頼もしい。
ちょっと不安なジョイマンとコウメ太夫、がんばって欲しい。

ののはな通信 三浦しをん
女子高生〜中年期まで、手紙形式で進行する女子2人の生きざま。ちょっとエグい「赤毛のアン」みたいな?
優等生タイプで実はクセ者の「のの」に、少しエキセントリックな「はな」が振り回されてる様子が超切ないのだが
ラストが!「三浦しをん」なのに独特の読後感でいい意味で裏切られてビックリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。