タマコ病院へ

去年からr/dをメインにしてるタマコ。
今年の7月からは1日50グラムと量も制限してるのに全然痩せない。
もう10歳だし(推定)咳こむ事もあるので動物病院へ。

動物病院で体重計測、4キロと全然落ちてない。

血液検査の結果がかなりショック。肝臓の値がのきなみ悪い。
黄疸は出てないけど、肝臓保護剤(ネオファーゲンC)の服用を勧められる。
人間なら運動や禁酒で下がるんだけど、猫はねえ〜と獣医。

肝臓の働きが悪くて脂質の代謝が鈍る事もあるらしい。
ネオファーゲンCを朝晩半錠ずつ服用する事にした。

レントゲンは内臓脂肪で肺と肝臓がいびつな形に!獣医曰く「不思議なレントゲン」……。
皮下脂肪は薄めなのに内臓脂肪で中央部が真っ白で本当にびっくりした。
血液検査とレントゲン(2枚)ネオファーゲンc1ヶ月分、猫風邪用目薬(抗生物質)トブラシン1本+再診料で22000円…
が、気づかず悪化させて肝硬変や胆管炎で入院となると大変だからにゃ〜。検査して本当に良かった。

タマコは不健康なデブだったのか…むむむ。

今日のミケーネとビーたん。
距離が近くなってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。