猫トイレ改革

子供の頃から家に猫がいる。
フツーの砂とスノコ状のトイレ→新聞紙とスノコ状のトイレ→スーパーDCのような固まる猫砂→紙砂→シリカゲル→おからの猫砂→固まる木の猫砂→ライオンのニオイをとる砂→カインズのホコリが少ない猫砂(今ココ)と様々な猫砂を使ってきた。

そして先月、ニャンとも清潔トイレをはじめとする「システムトイレ」+ペレットという使い方を知り(今更…)
豊洲のビバで「ニャンとも」の本体「オープンタイプセット(¥1400くらい)」と「スタートセット(¥1250くらい)」を購入。

オープンタイプはキジトラーズに何だか不評なのでウメちゃん用に。最初は戸惑っていたが粗相する事なくご使用に。

スタートセットはキジトラーズ用に。付属のペレットの粒が細かいせいか神経質なビーたんもこちらで『大』を。
が、1日経って未だ、タマオとビーたんは若干戸惑って『小』は隣の従来のベントナイトなトイレを使ってる。何で?
ニャンとも付属の正規品が終わったら「ホワイトペレット」系に変更します。

費用はベントナイトもペレットも大差ないような気もするけど
掃除が楽になるのを期待。「ホコリが少ない」ベントナイト猫砂でも
床だけでなく壁にもホコリがついちゃうんですよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。