草とビーたん

近所のKatoさんから猫草もらって大コーフンのビーたん。

爪が手にくいこんでるー、ゴメンナサイ!

「樹海考」村田らむ著 読んだ。
前半は樹海ガイド、後半は樹海の「アレ」について。
「ゴミ屋敷」本でウジ虫慣れしてるっぽい著者なのに、アレの写真を撮る時は手が震えたとか。淡々とした文章でも遺体発見時の動揺っぷりが伝わってきた。死体マニアのA氏が突き抜けてて凄いが、眼鏡は顔の一部です(目鼻が落ちてもメガネは落ちない縊死体)はちょっと引く。この本読んだら樹海で自殺しようとは思えなくなるかも…(釣崎清隆の写真集も然り)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。