写真展巡り

三浦健司写真展「十勝晴れ」銀座ニコンサロン
主に雪の風景をニコンのフルサイズ(D5と仰ってたような)で撮影+モノクロプリント。
「けあらし」など、カラーで見たい風景もあったが、作家さんによると「カラーだと何だかな〜な風景も(空の色を反射して雪や氷が青くなってしまう)、モノクロだと階調豊かに表現出来て、雪の白さが一層際立つ」と。
コマーシャルのお仕事をしてらっしゃる方なので、構図、プリント共に隙がないです。プロの仕事見た気が。
銀座ニコンサロン、今回の展示でクローズ。数軒先の「ぐんまちゃん家」も閉まっちゃうみたいだし。
銀座sixの横なので、銀座の裏通りとはいえ家賃が上がったのかな?下衆な勘ぐりしてしまいました。

鶴巻育子写真展「PERFECT DAY」銀座キヤノン
都会の何気ないスナップショット。ラストの「no drama」と銘打った組写真が特に良かった。力の抜け感がいい。


岡嶋和幸写真展「海のほとり」エプサイト丸の内

デジタルカメラマガジンで連載されてたモノかな?テーマごとの海の風景。日本の海岸も岡嶋さんの目で切り取ればお洒落…。
モノクロの作品が特にドラマチック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。