写真展巡り

日本鉄道写真作家協会展「&」新宿ニコン ザ ギャラリー1

鉄道写真といっても色々あるなー!と。吉永陽一さんの常磐線(富岡駅)、長根広和さんの彦山線大行司付近の定点観測的な作品が興味深かった。

かとう せいいち 写真展「チャーちゃんありがとう」新宿ニコン ザ ギャラリー2

2005年に拾われたチャーちゃん(白茶のオス猫)と作家夫婦の記録。口内炎からガンへ、腫れ上がるチャーちゃんの頬っぺたと痩せっぷりが涙。年配の男性の作家さんだからか飾り気なくリアルに衰えていくチャーちゃんを捉えている。オバちゃんにはとても出来ない…。

阿部 祐己写真展「Trace of Mountain」新宿エプサイト

霧ヶ峰の風景と廃墟少し。リンク先の写真から二十数点展示(だと思う)。霧の中でこちらを見つめる鹿の行列が印象的。

磯和 れん子 写真展 「石の声」オリンパスギャラリー東京

石(岩?)が主役の風景写真。が、冬の樹々を写したものがすごくキレイだった。

写真左側のクリエイティブウォール・蜘蛛の巣をマニュアルフォーカスで捉えた、折戸信行写真展「幽玄」がなかなか面白かった。
レンズを通して見えるプリズム、2度と同じものは撮れないモチーフ。デジタルならではだと思う。

キレイな夕焼けはホント一期一会。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。