テレフォン人生相談2021年8月13日

20年持病抱えてきたが、3年前、突然合う薬が見つかって病気治ってしまった。
夫から「もとの性格の方が好きて結婚した」とはっきり言われたが
別れたほうがいいのか、結婚生活維持した方がいいのか?という35歳女性のご相談。
くわしくはコチラ、いつもありがとうございます。タイトル+タイトル画像が笑えます。

10年も生きてりゃ、ハゲたり太ったり図太くなったり。変わらないでいる方が稀。
のじりえ先生の回答通り、自分の可能性を広げる為に働くなりボランティアなり
社会と接点を持ち視点広げた方がいい。夫への依存も吹き飛ぶかもしれない。

テレフォン人生相談2021年8月13日」への4件のフィードバック

  1. MM

    のじりえ先生‼️いいネーミングですね

    相談者は、ボランティアと言わず
    レジでも飲食店でも、パートでいいから働いてみましょう
    もう治って3年経つんですよね
    お子さんなくて、元気で、専業主婦、闘病なし
    時間あり余ってますよ
    ご主人、いま仕事うまくいってるかどうかわからないし
    イラっときてるかもよ
    (コロナだったから、始められなかっただけかな)

    でも、最後かなり声に元気がなくなってましたね
    ご相談者自身、共依存だったりして

    いつもありがとうございます

    返信
    1. sace 投稿作成者

      のじりえ先生、テレフォン人生相談のツイートで見かけたの拝借です。ゴロがイイですよね。

      タイゾ-先生にバトンタッチして、夫を軽くdisり始めた所から
      相談者の声のトーン落ちましたよね。
      離婚がシャレじゃなくなったからでしょうか?
      私も共依存気味だったのかな?と思いました。

      こちらこそお盆休み中にありがとうございます。

      返信
  2. ゆひとさ

    旦那さんの態度の豹変の件は少し置いておいて、よくある「離婚後の生活基盤に不安がある妻の相談」かな?と思いました。
    よく聴くと、これまでちゃんとした就職をしてない感じで、その辺りの質問にあやふやに答えてたように感じます。闘病してきて仕方ないところはあるし、うつ病もあったらなかなか厳しかったのでしょう。このめまぐるしく変化する社会でいきなり仕事をがっつりするのはかなり厳しいと思われます。闘病中にもある程度の社会的知識を広めていた、ボランティアで他者とのコミュニケーションを取っていたならばまだスムーズでしょうけど。この夫からは逃れたいが、その勇気も資金もない。自分にその自信がないのを「相手が心変わりした」と相談してくるのが引っかかりました。この夫と別れてもまた「自立できない可哀想な私」を好いてくれる男を探しそう…。そうやって依存してきたのに、いざ相手が心変わりするとジタバタする…。年齢的なことを考えたら「頼られる人」になってもおかしくないのにいつまでも甘えん坊な相談者、就職支援の機関を利用して今度こそ自立出来たらいいな、と思います。

    返信
    1. sace 投稿作成者

      学生の頃のバイト以来働いた事がない相談者。
      そんな生活でも結婚出来るんだ?!と自分はそっちに驚きでした。見合い?

      10年専業主婦なら掃除、料理のスキルが生かせる仕事あるかも(キツい仕事が多いけど)。
      ゆひさとさんの予想のようにフルスロットルで社会復帰は無謀かもしれませんが。
      35歳からの自分探し、まだ若いから何とかなるでしょう。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。