テレフォン人生相談2022年1月4日

自殺したい訳ではないが生きていくのがしんどい、夫との関係うまくいってないと診療内科で相談するも、同室で「(医師)奥さんに触るのいや?」「(夫)そんなことないです」「(医師)スキンシップしてあげなさいよ」ちゃんちゃん♪で終わり。その後何も変わらない。

彼のこと嫌いではないが、こんな状態しんどい。主人もっともっと好きになるにはどうしたら?という59歳女性のご相談。くわしくはコチラいつもありがとうございます。

年始は回答者:弁護士さんウイーク?
大迫先生が珍しく「加藤諦三」先生的な回答。
後半はなぜか相談者が泣きながら虐待経験などの後出し。子どもの頃の虐待、自己肯定感の低さを心療内科でお話したら医師の対応も違ったかもニャ〜と思う。

テレフォン人生相談2022年1月4日」への2件のフィードバック

  1. MM

    大迫先生、いつもの「不倫では⁉️」から始まり、
    我慢強く親身に相談に乗っていらっしゃいましたね
    自分を好きになる訓練、「もう少し早ければ」と2回おっしゃっていましたが、、、
    私自身は30歳のころ、さんざん母との関係含めて自己肯定感の低さに悩んだ記憶があります。いまは歳をとって開き直りましたが

    59歳になって、子育ても卒業しているのに
    精神的に成長する機会がなかったのかなあ。失礼ながら、子どもっぽい感じも。正社員で働いていらっしゃったのにね。なにかと他責なのが気になりました
    ダンナさまに「触ってほしい」ではなく、自分から手を繋ぎにいけばいいのに

    いつもありがとうございます

    返信
    1. sace 投稿作成者

      コメントありががとうございます。
      大迫先生の「もう少し早ければ」×2は自分も気になりました。
      相談者、今までは子育てに依存?してたんでしょうねえ。
      「自分の芯かない」事に気がつかず悶々として一生を終える人もいるでしょうから
      59才で自覚の機会があって良かったのかも。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。