テレフォン人生相談2022年5月20日

1ヶ月前、49才の息子をガンで亡くした。
息子の言動、好きな食べ物、色んな事にふれて哀しみ生々しく思い出し1日数回涙が。どんな風にうけとめていけたら?という70歳女性のご相談。くわしくはコチラいつもありがとうございます。

「心は生きてる時は自分の中に。亡くなったら人の心の中にある」というような事を苫米地先生が「バラいろダンディ」で言ってたっけ。自分は父方の祖母が未だに夢に出てくる。別に仲良くなかったんだけどな。

テレフォン人生相談2022年5月20日」への5件のフィードバック

  1. 順子

    人は死んでも君の心の中で永遠に生き続けるんだよ。
    ってアルバートさんが、アンソニーが死んで泣くキャンディに言いましたよね!
    多分同世代❗️お好きだったのではと思いコメントさせていただきました。

    返信
    1. sace 投稿作成者

      コメントありがとうございます。

      アルバートさんが実は金髪で、子ども心に「騙された」気分になった思い出(笑。
      アンソニーのママは若くして病死、アンソニー落馬死、ステア戦死、彼氏は横恋慕してきた女に取られるという
      小学生向けにはハードな展開でした〜。今読んでも面白いかもしれません(大人の事情で再版不可)
      この頃、りぼんで連載してた「砂の城」にも夢中でした。いい時代です。

      返信
  2. MM

    聞いていて涙が出てきました
    67歳で熟年離婚した意志の強いご相談者が毎日涙を流す
    離婚に際しては息子さんにも相談したのでしょうね
    味方になってくれたんだろうな。同居してたのかなあ
    おつらいでしょうね
    喪主はご相談者だったのかも

    いつもありがとうございます
    なかなかコメントできませんが、毎日拝見しております

    返信
    1. sace 投稿作成者

      コメントありがとうございます。見てくださるだけでもこちらは十分ウレシイです。

      聞いてて辛い相談でしたが、愛先生のアドバイスも泣けました。
      比べるものでもないけどペットロスで体調崩す人も多いのに、相談者の辛さは計り知れません。
      (小池都知事も、ペットロス?で休んでたような)
      この喪失感は「ときぐすり」しかありませんよね。

      昨日、未亡人の知人が「主人の声を聞きたいので恐山ツアーに申し込んだ」とウキウキしてて
      愛先生の『3年もたてば違った世界』っていろんな意味で言い得て妙かも?!と思いました。

      返信
  3. 順子

    返信ありがとうございます。

    さすがと思いまたコメントしてしまいました。
    確かマンガは9巻まであったと思うのですが、毎日相談を1枚絵にされてるだけあって、身もふたもないほどのあらすじのまとめっぷりに脱帽です。すごいです!
    リボン!!!懐かしいです。久しぶりに色々思い出しました。ありがとうございました。

    滅多にコメントしませんが毎日楽しみにしております。
    色々あるとは思いますが、これからもよろしくお願いします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。